\

愚為庵と料理2017.05.06



話題のフルーツティー
 愚為庵の料理は、雅流懐石と称します。
京都に”おばんざい”という、家庭料理から生まれた料風があります。 家庭料理とはいうものの、京都の歴史と文化に磨かれた、さりげなくも 洗練された料理です。
雅流懐石は、この”おばんざい”にヒントを得た、愚為庵の女将独自の手作り懐石料理です。(本当は我流ともいう)
豊かな房総の山と海の食材を、まさに今が旬という時期に、ゆったりとした空間の中で、くつろいで召し上がっていただく食事処です。
強い日差しが照りつける真夏が過ぎ、そのエネルギーが収穫に取り込まれた秋。
厳しい寒さの中で、素材一つ一つが持っている本来の味が、寒さに育まれて豊かさを増す冬。
そして待ちこがれていた房総の春。いよいよタケノコの季節到来です。
そのタケノコも最後の真竹(苦竹)となり、又エネルギーあふれる夏へと、季節は巡ります。
その豊かさの旬を逃さずに取り込んだ
「愚為庵春の膳」を調えました。
お品書きの例は、このページの下方にございます。
     
愚為庵の雅流懐石は、ゆっくりとくつろいで召し上がっていただくために、予約制となっています。
召し上がっていただける人数は、一組2名〜60名強までの限定受付です。
料理の内容は女将お任せのコース設定ですが、お客様のご希望にあわせて、内容・ご予算共、いかようにも調製いたします。
 
◇雅流懐石コース  時間  AM11:30頃からご希望でどうぞ
PM5:30頃からご希望でどうぞ
 料金
(税別)
¥3,500  ¥5,000  ¥8,000
 ※その他ご予算に応じます
◇お試し膳   ¥2,500
フルーツティー
 (お二人様から)
 料金 ¥700(お一人様分)
 事前にご確認をしてからお越しください。)
 
ご希望がございましたら、お子様用の別メニューもご用意致します。
 ◆銘酒と言われる地酒もございます。
 
0470(68)5927     Fax:0470(68)5927
 
お問い合わせ・ご予約はmailto:sizuku@daichi.nu


アクセス

リンク



 毎年好評を頂いております筍料理が始まりました。
予約が取れにくくなりますので、下段の表をご参照になりお早めにご予約を。
初春の低温傾向の影響で筍の発生が遅れていますが、5月中旬頃まで孟宗竹の
筍料理を提供できるでしょう。その後は淡竹に替わります。
 ◆5月の予約状況(5月03日現在)  ◆6月の予約状況(5月04日現在)
 
 月  火  水  木  金  土  日





×


×


10
×
11
12
13
14
15
16
×
17
18
19
20
21
×
 22
23
24
 25
26
27
28
29
30
31

 月  火  水  木  金  土  日









10
11
12
13
14
×
15
×
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 


               ◇愚為庵”雅流懐石”
                  一品ずつ、時間とおもてなしの心を込めて調えます。
              これは三千五百円(税別)コースの一例ですが、内容は
              女将おまかせです。  

画像提供「旅の手帳」より
            
             
下の画像は「冬の膳」五千円コースの一例です。
          自前で撮影したのですが、画像のアングルといい構図といい、
          上の画像に完全に負けていますね。
              ◇初春の膳お品書き例(各コース別)
春の膳
     
  
                                                                                 
                    
                                   

「お品書きの中身をちょっと紹介」のコーナー



食材
一つ一つ心を込め、手間暇惜しまずに調製されていく愚為庵料理は、
その食材を自園で栽培した物、従業員がそのために育てた物、近郷で
手に入れられる物を中心として集めています。
里山の旬、近海の旬を逃さないよう心がけています。
◇ふきのとう
    2月・3月は毎日ふきのとうをつみます。
4月からは野ぶきになります。


◇しいたけ
 農園のしいたけハウスで、夜中に育ったしいたけを毎朝採取します。
 原木栽培ならではの風味と、量より質にこだわった管理の違いがわかりますか。


◇みそ蔵
        毎冬、地元で取れた大豆を使ってみそを仕込みます。
 この樽のもので10年位経っています。


◇西忠鮮魚店
地元であがった生きのいいところが確保されます。
    御宿には鮮魚店が多いのですが、ここの自家製ひものと塩から
 はお薦め。準備が整ったら、商品としてご紹介します。
PTAの役員同士で意気投合。商売はどうしたの?。
◇のぼり鰹といなだ ◇近海磯もののメバルとカレイ


◇春を待つ竹林
 農園の竹林から顔を出す筍から、春のおめあて”香味焼き”が生まれます。
 4月・5月が孟宗竹、5月・6月が破竹(ハッチク)の季節です。




私たちが皆様をおもてなし致します。

                                        
次 へ mailへ HOMEへ

Copyright (C)2000-2002co.cosmo-do ohchi All rights reserved.
Reproduction in any form prohibited
.